住宅ローンを選ぶ時は繰り上げ返済の扱いについても確認を

住宅ローンの返済期間が35年、という人が多いのは、一応最長で組める期間に設定しておいて、できる限り繰り上げ返済をするつもりの人が多いからです。
私は繰り上げ返済よりも金利が大幅に変わったことから、住宅ローンの借り換えを選び審査に通って、返済額を減らしましたけどね。

返済期間が長ければ金利負担も大きくなりますが、繰り上げ返済して当初の計画よりも早く完済すれば、金利負担を減らすことができます。はじめから無理な短期間ローンにして破たんするよりも、ひとまず長期間で組んで繰り上げ返済するという方法は確かに賢明です。

しかし、繰り上げ返済を視野に入れて住宅ローンを組むのであれば、繰り上げ返済の方法や手数料などについて確認しておく必要があります。繰り上げ返済の扱いは金融機関によってバラバラで、手数料無料で1万円から随時可能なところもあれば、最低繰り上げ返済額が100万円以上というところもあります。まとまった金額でしか返済できない場合、ある程度貯めてから、ということになりますが、ほかのことに使ってしまったり、となかなか返済に回せないことも考えられます。

1万円、2万円という少額でも、余裕がある時には随時返済したい、という人は、手数料無料で少額から返済できる住宅ローンを選ぶようにしましょう。