住宅ローンの税額控除

不景気の最中、年末が近づいてきて、賞与をもらったとしても諸々引かれていってちょっぴりしか残らないなんていう人はとても多いと思います。
しかし、沢山の税の中でも控除されるものは探せば色々あるのです。
その1つが住宅ローンの税額控除です。
これは年末の時点でのローンの残高の1%がその年の所得税から差し引かれるというものです。
例えばローンが2,500万円残っているとしたら所得税は年間で25万円も安くなるのです。
期間は10年間となっています。
但し、ローンの残高の上限は4,000万となっているので年40万円までが控除の限界です。
また、年間所得が3,000万円以上の人も対象外となってしまいます。
逆に所得が少な過ぎて所得税が控除額よりも少ない場合は住民税から控除されますが少なくなってしまうので注意です。
それから、床面積が50平方メートル以上であることも条件なので狭すぎるマンションだと除外になる可能性があります。
条件にさえ当てはまれば大分お得なので該当する人はちゃんと確定申告をしておきましょう。